4MB以下の使える結婚相談所98選!
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化において起こり得るリスクなどについて

クレジットカード現金化において起こり得るリスクなどについて

クレジットカードのショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化には、クレジットカードを解約させられるとか利用料金の一括返金を要求されるなどのリスクがあります。
クレジットカード現金化を行うことは法律には違反していませんが、クレジットカード会社の規約には違反します。
したがって現金化が露見されるとクレジットカード利用停止になったり強制的に解約させられたりします。
例えば、転売目的でクレジットカードを利用して商品を購入したとカード会社から疑われると、解約の対象となることがあります。
それは、普段光熱費や携帯料金のみにクレジットカード決済を行っているのに、商品券やゲーム機などをクレジットカードでまとめ買いしたような場合です。
商品券やゲーム機は人気度や買取店によっては高い買取価格になる場合があり、カード会社もそのことを分かっているからです。
クレジットカード現金化を発見する技術は進歩しているので、自分は上手くやっているつもりでもばれることがあります。
また、クレジットカードで買った商品を売って現金を入手しても、後で購入した商品の代金を支払わなければいけないので多重債務に陥る可能性もあります。
現金化を業者に依頼する場合は、自分で商品を売買して現金を得ることに比べるとクレジットカードを解約させられるリスクが低くなります。
ただし、業者に現金化を依頼する場合には手数料が別途必要になるので、最終的な還元率は80%以下になることが多いです。

換金率の良いサイト選びはこちらから:評判の高いネオギフト