4MB以下の使える結婚相談所98選!
ホーム > 子育て > オリゴ糖による乳児便秘の解消法

オリゴ糖による乳児便秘の解消法

乳児の腸内というのは、ほとんどがビフィズス菌で占められているので、基本的には良好な状態に保たれています。特に母乳で育てている場合だと、約90%はビフィズス菌なので便秘になることは少ないようです。

 

それでも、成長していろいろな物を食すようになると他の細菌が増えてビフィズス菌の割合は減っていくため、腸内環境が変化して善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れるので便秘になってしまうこともあります。

 

また母乳栄養でも母乳の質や乳児の体質によって便秘になることもあるようです。

 

こういった腸内環境の問題から起きる便秘に効果的なのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は、果糖やブドウ糖などの単糖が2個以上連なっている糖ですが、いくつか種類があります。

 

その種類の中で、消化されることなく腸に届いてビフィズス菌となるオリゴ糖があり、これが便秘に対して働きます。

 

オリゴ糖の原料はいろいろありますが、一般的に一番多いのがサトウダイコンから作られるオリゴ糖でほんのりとした甘みを持っています。天然の植物から出来ているのものなので、乳児でも安心して服用出来ます。

 

オリゴ糖には生理調整の作用があり、善玉菌の餌となって腸内細菌を活性化してくれるという効果もあるので、乳児の便秘解消法によく用いられます。

 

飲ませ方ですが、離乳食が始まっていれば、ヨーグルトに混ぜると食べやすいのでおすすめです。

 

また離乳前でもミルクに混ぜて飲ませることができます。オリゴ糖は母乳にも含まれる成分ですから、新生児のときから安心して与えることのできるものです。

 

一度にたくさんの量を摂取するのではなく、適量を毎日摂取しつづけることで、善玉菌をしっかり増やして便秘を解消することが出来ます。妊娠 便秘解消